COMPANY

カンパニー

経営理念

「顧客の期待・ニーズ」に対し、時代の変化を先取りし、常に変革を求め、同業他社との差別化をはかり、個性ある企業をめざし、想像と創造に知恵をしぼり、個性ある製品を開発し、必要な物(高品質)を、必要な時(タイミング)に、必要なだけ(数量)迅速かつ確実に生産・供給し、地域社会に奉仕する事を経営理念とする。

代表挨拶

弊社、エヌビーシー株式会社は、、“富士山のある町”富士宮市にあり、北を富士山に守られ、南に駿河湾を望み、一年を通じて温暖な気候に恵まれたみどり豊かな地にございます。富士山は、平成25年6月「富士山―信仰の対象と芸術の対象」として、世界文化遺産に登録され、富士宮市内の中心にある浅間大社はその信仰の源泉となっています。

弊社は浅間大社のすぐ北に位置し、傍系の西川商事(株)機械器具販売の制作部門として昭和45年に操業を開始し、天井走行クレーン・ステンレス加工・製紙自動機機械設計製作を行い、現在は、大型門扉、フェンスの設計・開発・製作まで一貫した製造を行っています。1999年にはISO9001、2000年にはISO14001を取得し、現在に至っています。

お客様、地域社会から信頼される企業になる為、これからも努力してまいります。今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

エヌビーシー株式会社 代表取締役 西川大介

社長挨拶

会社概要

社名 エヌビーシー株式会社
NBC Co., Ltd.
代表者 代表取締役 西川大介
本社所在地 〒418-0051 
静岡県富士宮市淀師1569-1(アクセスマップ
TEL 0544-22-2809 FAX 0544-23-6664
資本金 10,000,000円
設立年月日 1994年12月1日
従業員数 29名(2017年10月現在)
営業品目 エクステリア-引戸・門扉・その他特注品・施工
建設業許可取得年月日 平成28年2月15日
静岡県知事許可(般-27)第38479号
主要取引先 株式会社LIXIL
環境エクステリア株式会社
西川商事株式会社
取引先銀行 静岡銀行 富士宮支店
日本政策金融公庫
三菱東京UFJ銀行
スルガ銀行 富士宮支店
関連会社 西川商事株式会社

沿革

1970年2月 西川恒彦元社長が三菱電機株式会社からの要請により、空調設備の設計・設備工事を行うため、西菱工業株式会社を設立。農林省の米貯蔵庫の定温・低湿、実験室などの空調設備を行う。
1973年12月 西川商事株式会社設立と同時に同社の製造部門となる。
1974年4月 株式会社キトーの要請から、天井走行クレーンの製造を行う。
・日本道路公団、恵那山トンネル
・首都高(夢の島・羽田沖など)乗移りクレーン
・自衛隊各隊の35tクレーン
・東京電力福島第3原子力発電所天井クレーン

1994年6月 東洋エクステリア株式会社の協力企業となる。
1994年12月 3次元CADを導入する。
1995年12月 西菱工業株式会社からNBC株式会社に社名を変更し、現在地に移転を行い、工場設備を一新する。移転後、東洋エクステリア株式会社にOEM供給をスタートする。
1999年6月 ISO9001;1994認証取得

2000年12月 ISO14001;1996認証取得
2002年6月 5軸マシニングセンターを導入
ISO9001;2000移行取得
2003年6月 3次元CADを増設し、製品開発のスピードを図る。
2003年11月 コンピュータシステムを西川商事株式会社とつなぎ、情報の共有化を図る。
製作現場にコンピュータを導入し、一元化管理をスタートする。
2004年5月 3次元レーザー加工機【SPACE GEAR 510MK2 2.5KW】を導入。
2005年1月 NC旋盤(QTN)を導入。
2006年12月 ISO14001 2004移行取得。
2006年4月 電動ポール「ポスフォート」の販売開始
2008年1月 長尺アルミ加工機を導入
2008年9月 溶接ロボットを導入

2010年6月 生産方式の変更により工場の全面レイアウト替えを実施
2010年10月 すべての3次元CADを解析仕様に更新。
2011年1月 長尺アルミ加工機を導入
2011年7月 電動ポール「ポスフォート」のリニューアルを行なう。
2011年10月 コンピュータ関連の更新を行う。
2011年12月 溶接ロボット増設。
2015年8月 西川大介 代表取締役就任
2016年2月 建設業許可取得 静岡県知事(般-27)第38479号

お問い合わせ

電話番号:544-22-2809 メールフォーム

ページトップ